検索
この検索ボックスを閉じます。

自分で作れるシンプルなシェルター3選

森の中にいるのは気持ちがいいですし、テントや防水シートを持ってきて自然の中で座るのは簡単ですが、少し退屈でもあります。創造性と工夫を少し加えれば、自分でシェルター(シェルターとも呼ばれます)を作ることができます。 

始める前に考慮すべきこと

大規模な建設を始める前に、シェルターを建てるのに適した場所を見つける必要があります。シェルター用のキャンプ スペースを選択する際に、注意して考慮すべきポイントをまとめた ToDo リストを以下に示します。

場所について考える

シェルターを建てる場所には横になれるスペースが必要で、地面はできればかなり平らである必要があります。建設場所の上にある木に枯れ枝がないか確認してください。枯れ枝がシェルターの上に落ちてくると危険です。

風と水に注意

避難所の入口が風向きと反対を向くように設置し、不必要な冷却を避けてください。また、川や川床など、水に近すぎる場所は避けてください。これらの場所は、大雨の際に洪水が発生するリスクが最も高い場所です。

シェルターをどのくらいの期間使用するか検討する

長期間にわたって強風や天候に耐えられる頑丈なシェルターを建てる必要がありますか、それとも出発前に 1 泊か 2 泊だけ過ごすだけでよいですか? シェルターを使用する夜数が増えるほど、シェルターはより頑丈なものにする必要があります。

不快な昆虫

林床や周囲の木々に昆虫が多数生息する場所にシェルターを設置するのは避けてください。蟻塚、スズメバチの巣、蜂の巣などがある可能性があります。そのため、不快な虫に遭遇しないように、地面から小枝や葉などの地被植物を取り除いておくことをお勧めします。

自宅から準備する

補助具なしでも、さまざまな種類のシェルターを簡単に作ることができますが、自宅で少し手抜きをすると簡単です。そのため、構築用のストリップ、ロープ、または紐、およびナイフまたはマルチツールを持参することをお勧めします。

屋根は常に下から上に建てる

最も密閉性が高く、最も防水性の高い構造にするには、屋根の上に屋根瓦を敷くのと同じように、まず下から屋根を覆い、上に向かって作業を進めていく必要があります。

方法は次のとおりです。

タイプ1 – 片流れ屋根

片流れ屋根は、2 本の木の幹の間に置かれた大小の枝で作られた天蓋です。

  • 約 2 メートルの長さの太い枝を 2 本見つけ、できれば片方の端が Y 字型 (割れ目) になっているものを 1 本ずつ、谷を上に向けて 45 度程度の角度で各木の幹に 1 本ずつ置きます。必要に応じて、安定性を高めるためにまっすぐな端を地面に少し掘り下げます。
  • 2 本の木の間に届くほど長い別の太い枝を見つけて、Y 字型の枝の割れ目に差し込みます。これが天井の梁になります。
  • 長さ 2 メートルの細い枝を数本集め、約 45 度の角度で片側に立てて天蓋を作ります。枝はできるだけきつく締めます。必要に応じて、側面も同様に締めて、風雨からよりよく保護します。
  • 屋根を覆うには、トウヒ、マツ、ツジャなどの針葉樹の枝が最適です。針葉がたくさん付いた小枝を大量に集め、下から上に向かって天蓋の上に置きます。層が厚ければ厚いほど、風や雨が浸透しにくくなります。屋根に光が浸透すると、天候も浸透し、屋根の密閉性や厚さが不十分になります。
  • 最後に、屋根全体を森の床の葉で覆い、断熱性を高めます。シェルターが片側だけに開くように、端をしっかりと覆うのも良いアイデアです。
  • 森林の床から葉や苔を大量に集め、トウヒ、マツ、トゥジャなどの小枝や小枝も地面を覆うように集めて、地面から隔離します。

タイプ2 – くさび形の片流れ屋根

原理は片流れ屋根と同じですが、構造上、片側ではなく両側があり、下向きに傾斜しています。

  • 2.5~3メートルの太い枝を見つけて、垂木として使用します。地面から1~1.5メートルの高さに谷がある木が見つかったら、谷にある一番太い端を木に置きます。ない場合は、片方の端がY字型(割れ目)になっている約1メートルの枝を2本使用し、上にブロックを載せて逆V字型に配置します。反対側の端は地面に置きます。
  • フレームの側面に 45 度の角度で短くて太い枝を数本配置し、下から上に針葉樹の枝と葉を積み上げて、屋根と入り口を覆います。
  • 地面から隔離されるように、森林の床から葉や苔を大量に集め、トウヒ、マツ、トゥジャの小枝や小枝も地面を覆う植物に植えます。

タイプ3 – ティピ

ティピシェルターは安定性のために木の周りに建てることができますが、内部のスペースが少し制限されます。幸いなことに、ティピシェルターは枝だけで作ることもできます。

  • スケルトン用の長くて太い枝をたくさん見つけて、その中で最も大きい 3 本を選び出します。
  • 枝を一端、つまり一番上で結び、持ち上げて三脚のように足を広げ、その間に横たわるようにします。枝が動かないように、3 本の枝すべてを地面に少し掘り下げます。
  • 入り口以外の残りの枝を三脚に沿わせて、三脚の大部分をしっかりと並べます。枝が動かないように地面に刺すか、石で固定します。
  • 今は、建物全体をシダ、松、トウヒ、ツジャグレネ、そして林床からのたくさんの葉などの断熱層で覆うだけで、雨や風を防ぎ、熱を保つことができるようになります。
フェイスブック
ピンタレスト
ツイッター
リンクトイン

発見する

関連記事

jaJA