検索
この検索ボックスを閉じます。

究極のサバイバルフードキットを作るための5つの簡単なステップ

世界的な不確実性の中で、サバイバル食品キットのコンセプトは、ニッチな関心から主流の必需品へと移行しました。

軍隊での勤務と私生活の両方での経験を振り返ると、備えの重要性がこれまで以上に明らかになっています。サバイバル食品キットを組み立てるための体系的なアプローチを順を追って説明し、あなたとあなたの家族があらゆる事態に備えられるようにしましょう。

ステップ1 – サバイバルフードキットの目的を決める

最初のステップは、ミッションの目的を設定することに似ています。キットの主な用途を決定します。自宅に閉じ込められる緊急事態用ですか、それとも避難シナリオ用にすぐに使えるキットが必要ですか?

目的によって、食料キットのサイズ、内容、保管方法が変わります。私が軍務に就いていた頃は、任務ごとに異なるパックを使用していましたが、ここでも同じ原則が当てはまります。

ステップ2 – サバイバルフードキットを保管する場所を決める

保管場所の選択は重要です。キットのサイズに合わせて、保管期間を延ばせる場所を選択してください。涼しい温度、乾燥、直射日光が当たらない場所などの条件が理想的です。

このステップは、さまざまな環境で物資を保管し、それらが無傷で使用可能な状態を保つために必要な物流計画を思い出させます。

ステップ3 – サバイバルフードキット用の食料を集めるか購入する

栄養価と保存期間を考慮しながら、あなたとあなたの家族がすでに楽しんでいる食品に焦点を当ててください。このアプローチにより、キットが美味しくて実用的になることが保証されます。

脂肪分や水分の多い食品は、一般的に長期保存には適していませんが、乾燥パスタ、米、缶詰などは優れた選択肢です。目標は、すべての品目をその有用性と保存期間に基づいて選択する、供給配給戦略を反映することであることを忘れないでください。

ステップ4 – 必要に応じて食品を再包装して長期保存する

再包装によって食品の保存期間を延ばすことは、状況を大きく変える可能性があります。酸素吸収剤と真空シールを備えたマイラーバッグを使用すると、乾物の耐久性を大幅に延ばすことができます。

この方法は、過酷な条件に耐えられるように商品を梱包し、必要なときにすぐに使えるようにするという軍隊の慣行を模倣したものです。

ステップ5 – サバイバルフードキットの食品を食べてローテーションする

キットの新鮮さと使いやすさを維持するには、適切なローテーションが重要です。

最も古いアイテムを最初に消費して交換することで、常に最新の在庫を確保できます。この方法は、定期的に実行していた在庫チェックとローテーションを彷彿とさせ、アイテムが無駄になったり期限切れになったりしないようにします。

追加のヒント

缶切り、スパイス、キッチン用品などのツールをキットに含めることで、備えを強化し、ストレス下でキットを使用する際の不安を軽減できます。

食料だけでなく、その調理方法や消費方法も考慮したこの総合的な準備アプローチは、ミッションの成功に必要な包括的な計画と一致しています。

結論

サバイバル食品キットを作ることは、予期せぬ困難に直面した際に安全と回復力を確保するための重要な一歩です。

個人的経験と職業的経験を組み合わせたこれらの 5 つのステップを適用することで、単に準備するだけでなく、将来のセキュリティに投資することになります。

かつては見過ごされていた備えの知恵が、今では賢明な生活の柱となっています。今すぐキットの作成を開始し、どんな困難にも立ち向かう準備ができている人々の仲間入りをしましょう。

フェイスブック
ピンタレスト
ツイッター
リンクトイン
jaJA